オススメ商品

GCBC

 

GCBC
 

アラビカコーヒーのこだわり

『良質な味はまず良質な素材探し』から。アラビカコーヒーでは、確かな味と品質の素材を求めて中南米・東南アジア・アフリカなど世界各地の珈琲農園を視察に出掛けています。
世界の契約農園ほか厳選した珈琲豆を、30年の技術で焙煎・ご提供。
業務用卸も行う業界への太いパイプで、スペシャルティコーヒーをご提供します。

 

2004年 ブラジルセラード パライーゾ農園

2006年 グアテマラ高地 アカタナンゴの農園

2006年 コロンビア コルセガ農園

2006年 コロンビア コルセガ農園
 

 

株式会社アラビカコーヒーは自然環境保護の為、厳しい基準を満たし、認定された農園でのみ生産された「認証コーヒー」の活動に積極的に参加しています。 認証コーヒーは栽培農園も特定できるため、安心してお飲みいただける安全なコーヒーです。

 
Good Inside
グッド・インサイド
Good Inside は信頼のおけるコーヒー生産と供給のために世界規模で展開している認証プログラムです。 Good Inside はあらゆるコーヒー生産者に農園管理や市場パフォーマンス改善の機会を提供しています。 また、コーヒーサプライチェーンの透明化を高めます。Good Inside に参加することで、コーヒーブランドは自社のサスティナビリティーへの取り組みを顧客に示すことができます。 消費者の「お気に入りのブランドの社会・環境に対する責任ある取り組みへの期待」は日に日に強まっています。 Good Inside は責任を持った原料購入を行っていることを保証してくれる認証プログラムです。
Rainforest Alliance
レインフォレスト・アライアンス
レインフォレスト・アライアンスは、土地の利用法、商取引、消費者の行動を変えることにより、生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保することを使命とします。本部はニューヨークにあり、事務所は米国内、及び主要各国にあります。 我々は土地と共に生きている人々の農産物の作り方、木々の育て方、そして観光客のもてなし方をより良いものに変えるお手伝いをしています。
Smithsonian Migratory Bird Center
スミソニアン渡り鳥センター
北米と中南米を往来する渡り鳥の減少が確認されたことを受け、スミソニアン渡り鳥センターは 1991年に設立され、以来、150種以上の渡り鳥の研究調査、保護活動を行ってきました。ワシントンDCにある同センターは、世界最大級の学術研究機関であるスミソニアン協会に属します。バードフレンドリー(R)は現在7ヵ国にて、32農園を認証していますが、科学的根拠に基づいたシェード・コーヒーを基準とし、一杯のコーヒーから地球環境保護に参加できる機会を皆様にご提供致します。
Fairtrade Label Japan
フェアトレード・ラベル・ジャパン
特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパンは、国際フェアトレード・ラベル機構FLO(Fairtrade Labelling Organizationz International)の日本支部として、世界共通のフェアトレード・ラベルの普及推進を行っています。第三者における小規模生産や労働者が、正当な所得と安定した生活を手に入れ、生産者・企業・消費者のより公平なパートナーシップのもと、社会的・環境的に持続可能な世界の実現を目指しています。フェアトレード・ラベル商品の取り扱いを希望する企業・団体へのライセンス・監査、生産者・企業間のコーディネート、消費者への広報・啓発を行っています。